リニューアル後は、このツィッター投稿者みたいな立場で意見を発信するブログにしたいと思っています。

あくまで「こうしたい」であって「こうする」ではないのだけれど、プチリニューアルしたら、もう記事として扱うことをやめようと思っている内容がいくつかあります。
逆に、今まで記事として取り上げてこなかったことを記事にしてみたいとも考えています。
でもまあ結局どこがどう変わったの?という結果に終わりそうに思いますが(笑)

プチリニューアルの前に、もう記事として扱うことをやめようと思っていることに対してまとめ的なものを書きたいと思っていました。
ようするに、もう書かないよと言いながら未練たらたらというわけで。
でも、そんなん意味ないじゃんと考え始めました。
というわけで、これにて「幸せ」はおしまいに。

一週間ほどこのままにして、今日のこれを含めて記事はすべて非表示。
その後新しいブログタイトルで再開します。
実をいうと新しいブログタイトルをまだ決めてないんですよ(笑)

[PR]
# by mimizu-clone | 2018-01-14 01:28
お付き合いのある筋から、非常用に備蓄していたカンパンをいただいた。
正確には、処分してほしいと頼まれた。
賞味期限2月。24缶もある。
正直、分けるにも限度がある。困った。

でも、世の中、これが手に入らない人もいる。
他人事じゃない。かつては僕もその一人だった。
あの頃の僕なら、きっとこれを見たら拝んだだろう。

何年前のニュースだったか。
ホームレスの老婆だったと思うが、誰かから市役所に相談に行けと言われたらしく。
でも市役所はもう終業時刻で、職員がカンパンの缶詰を渡して「明日来て」と言ったらしい。
老婆はその晩、市役所の敷地内で死んでいたとか。
胸にカンパンの缶詰を握りしめていたと報道された。
なぜ缶詰と一緒に缶切りも渡さなかったのか?なんてギャグみたいな批判が飛び交った。
カンパンを見ると、あのニュースを思い出す。
そして、自分もまたその一歩手前にいたことを思い出す。

処分に困るカンパン。
あの頃の自分に分けてやりたい。
でも、カンパンをもらう方法を知らなかったから、だから僕は生き延びたのかもしれない。

僕のもとにきた24缶のカンパン。
1/3は我が家で食べる。賞味期限内には多分無理だろうけれど。
1/3はカミさんの実家へ持っていく。捨てはしないだろうと思う。
1/3は職場へ持っていく。もらってもらえないことはないだろう。
どうにか、無駄にはせずにすみそうだ。
だけど、何かが違う。
僕らは、とても大事なものを無駄にしているように思えてならない。

d0350959_01244004.jpg

[PR]
# by mimizu-clone | 2018-01-14 01:25 | Comments(14)